中学の頃別れた二人は、長い年月を経て再び付き合い…

私の友達の話なんですけど、
中学生の頃に3年間付き合ってた子達がいました。

その二人はとても仲がよくって、三年生の時には同じクラスでした。
席替えをする時も、友達にお願いして、その二人はいつもとなりの席になっていました。

そんな仲の良かった二人なのですが、卒業と同時に別れたようでした。

私は女の子の方と友達だったので、なぜ別れたのかを聞いたのですが、
その時の彼女の話は・・

「別れたっというより、行方がわからなくなった。」

とのことでした。

当時は、まだ携帯電話も普及してませんでしたから、
お互いが連絡を取る手段というのは、自宅の電話だったんです。

卒業して程なくして、彼女が彼の家に電話をかけると、
電話が使われてないことを案内されたそうです。

頭が真っ白になったその彼女は、周りの友達に、

彼がどこへ行ったのか?

聞いたそうですが、誰も彼の動向を知る人はいませんでした。

彼女は愕然としていましたが、時と共に、彼の事を忘れる決心をしたようでした。

高校に進学して半年が経とうとした時に、

彼女の自宅に1本の電話がかかったきたそうです。

それは、中学生の頃に付き合ってた彼からの電話でした。

彼から

「ごめん、黙っていなくなって、引越しした」

っと話をされたそうです。

彼女も、もう終わったことと割り切っていたのですが、話をしているうちに、

嫌いで別れたわけじゃないし、

どこかで想い続けているというのがあったので

「会いたい」

と迫ったそうです。

彼も会いたいと思ったらしく、

姿をくらませてから半年後に電話をしてきたそうでした。

そして、半年ぶりに彼と会うことになったそうです。

お互いに、嫌いで別れたわけじゃない彼も同じ気持ちだったようでした。

そして、2人で久しぶりにデートしたそうです。

その後、再び付き合うことになりました。

そして、このふたりは晴れて結婚をして、

現在2人の子供に恵まれ、幸せに暮らしているそうです。

タグ

2012年10月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:復縁

浮気と二股を続けた彼女の恋愛の結末は…

思えば、最初から私が悪かったのかもしれないです。

彼と会ったのは、会社の取引相手。まぁ、良くある話ですが、、、

私は当時付き合っていた彼に物足りなさを感じていました。

大切にされているだろう事はわかっていたけど、

就職もうまくいかず、こちらに求めるばかりの生活に飽きていたのでしょう。

営業職の私は、他の会社の人に応援を頼み、

一緒に回る事も多かったのです。その中に彼はいました。

彼とうまくいっていない

どうすればいいかわからない

と彼に相談するうちに、

彼は年下の私の事をどうにか助けてあげたいと思ったようです。

考えてみれば、彼は私よりも3つ上の仕事上でも先輩で頼れる存在。

当時の彼は、同級生で就職も決まらず焦りもない。

そんな関係で、気持ちが先輩に移るのも無理はないですよね??

まず気分転換にドライブに誘われました。

でも、私も浮気の文字がちらつき、

かなり行くことを迷いました。

迷った挙句、同級生の彼からもらったネックレスをつけて出かける事にしました。

なんとなくバリア的なものが欲しかったんです。

軽い女だとも思わないでほしかった。

けれども、そんな事しても、気持ちは止められるハズがありません。

その時は何もなかったけど、考える事はどんどん年上の彼の事になりました。

しばらく2股生活してました。

そんな事する女って、ほんとは許せなかったけど、

同級生の彼とは6年以上も付き合っていたので情が湧いてなかなか別れられなかったんです。

けれど心が悲鳴をあげました。

結局、年上の彼を選ぶ事にした私。

2年たって、プロポーズされました。。。。

が、その直後に2股されていた事が発覚。

結局、私は(悔しいけど)振られました。

もともと私が悪かったのかも知れないけど、今でもムシャクシャする恋の思い出です。

タグ

2012年10月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:浮気

恋愛に対する本能と浮気が発覚した場合の社会的立場。

人を好きになることは当たり前の事であって、

本能的なものです。

私の主人は昔会社の同僚を好きになってしまったと打ち明けてきました。

私はそれを責めることは有りませんでした。

なぜ、私が彼を責めないのか、

それは、彼は私の所有物でも無ければ、

裏切り行為とも思いませんでした。

嫉妬がなかったのかと言われるとウソになりますが、

私が劣っていたので彼はその女性にいったのでしょう。

私は人を好きになれることを素敵だとすら思います。

彼は素敵だと思ったんです。

しかし、社会的立場で見た場合どうでしょうか?

不倫をしたダメ亭主

出来てない夫

と言うレッテルが貼られてしまう。

私はその社会的立場から見た制裁を彼と彼女にしました。

しっかり女性から慰謝料を取りました。

でも、それは私が怒っているのではなく、

彼の親、私の親の前で家庭を壊すことになりかねないことをした社会的代償を見せただけです。

そうすることによって、社会的にチャラになるのでしょう。

しかし、彼の恋愛は素晴らしいし、続けてもいいと思っていました。

珍しい嫁だと思われるかもわかりませんが、

私はあくまで社会的に見た客観的な行動をすることによって、

周りを納得させただけで、

彼を尊敬する気持ち

愛する気持ち

に揺るぎは全く無いです。

彼女を好きになった彼ですら私は好きです。

恋は理性ではどうにもなりません。

それは私の持論です。

彼が本当に彼女が好きなら私は尊重するでしょう。

しかし社会的に離婚、慰謝料、養育費などで縛られることで

理性をやむなく使わないといけないのです。

私は全然恋、愛は結婚していてもしてもいいと思います。

ただ、彼に言いたいのは

社会に対しての義務は大きいのだから

それはしっかり隠さないといけないと思いました。

タグ

2012年10月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:浮気

尋常ではない程のヤキモチ焼きの彼女がいた友人の恋愛話

友人から聞いた恋愛体験についてご紹介したいと思います。

彼には彼女がいて、3年ほど同棲していました。

そろそろ結婚のことも意識し始めていました。

ただ、彼が気になっていたのは、

彼女が尋常ではないほどヤキモチ焼きなところでした。

彼は個人経営の内装工事業をやっていたのですが、

仕事に行こうとすると、

彼女は毎回こと細かにどこへ行って何をするのかを聞こうとしました。

地方出身の彼女は上京してからほとんど出かけたことがなく、

都内の地名もよくわかっていませんでしたので彼は適当にあしらっていました。

彼が家で男性誌などを読んでいると、

彼女は不満そうでした。

モデルやタレントのグラビアを彼が見ているのが気に入らなかったようです。

彼女は自分以外の女性に、

たとえ写真であっても好意や関心を寄せるのが不愉快でたまらないのだと言っていたそうです。

あるとき、

彼女がしばらく実家に帰省することになり、

その間、彼は少し羽を伸ばそうと思いました。

彼は友だちに誘われて、キャバクラに行く事になりました。

楽しくお酒を飲んで、話も盛り上がりました。

でも、その場限りで、

お店の女性と連絡をとったり、出かけたりということはありませんでした。

しかし、

キャバクラに行きについての友だちとの携帯でのメールのやりとりを、

彼女が盗み見て、激怒したのでした。

ヤキモチな彼女にどんどん追い込まれ、

結局彼は仕事以外はどこへも出かけられなくなってしまいました。

家でゲームをするしか楽しみがなくなってしまいました。

もちろん彼女のことは好きでしたが、あまりにも束縛がきつく、

疑い深いのでだんだん息がつまるように感じていました。

そして、だんだんと二人の気持ちはさめていき、あるとき終わりを迎えました。

その後、友人は新しい彼女を見つけ、

以前のようにきびしい束縛を受けることもなく、

のびのびと暮らしています。

タグ

2012年10月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:恋愛

このページの先頭へ