【あなたは間違っていた!】男にモテる水着の間違いない選び方!【女子必見】

夏になると、リゾートやプール、海水浴など水着を着る機会が多いです。
どんなデザインの水着にしようか悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。
そのような方たちのために、参考になるデータを紹介します。

まず、避けるべき水着がいくつかあります。
例えば、フリルを多用した水着です。
フリルはバストの小さな女性でも似合う水着で、
体型をカバーすることに優れていますが、
全面がフリルの水着は幼稚すぎてしまいます。
上下どちらかのみフリルのものや、
肩や胸元の一部分だけフリルをあしらったもの、
色が甘すぎないものを選ぶなどの工夫が必要です。

次に、洋服のようなデザインの水着もおすすめできません。
ワンピースタイプのものは、お腹周りが気になる女性に選ばれやすく、
キャミソールとショートパンツタイプのものも、人気にはなっています。
しかし、あまりに体のラインを隠しすぎてしまうと、水着っぽくなくなってしまいます。
適度に肌を見せた、水着らしいデザインのものを選びましょう。

また、露出をすればいいというものではないので、
ハイレグタイプのものや露出の多過ぎる水着は避けましょう。
足を長く見せるハイレグタイプのものは、
スタイルに自信のある女性に似合いますが一昔前のイメージがあり、あまり好まれません。
また、あまりに露出が多すぎると周囲の人は目のやり場に困ってしまいます。
あくまでも、程よく肌を見せる水着にしましょう。

そして、少しデザインの懲りすぎた水着も、実は男性からはウケが悪いものです。
特に去年からモノキニやバンドゥタイプの水着が流行っていますが、
モノキニの中にはグラビアでしか見たことがないような、
少し複雑なデザインのものもあります。
こちらも男性は目のやり場に困る上に、
おしゃれすぎる水着の中にはセクシー過ぎるものもあるので注意が必要です。

あとは、胸を盛りすぎた水着にも注意が必要です。
胸を寄せてあげたり、パットなどをつかって胸に谷間をつくる女性は多いです。
バストはある程度の大きさがある方がセクシーで魅力的にみえますが、
普段の大きさとあまりに違うと滑稽にみえてしまいます。
不自然にならないように心がけましょう。

目の錯覚を利用するようなラインや切り替えのある水着についても、
あまりに露骨なものだと不自然に見えます。
あくまで自然にみえる水着を選びましょう。

以上のことから、シンプルでオーソドックスな、
水着らしい水着が一番無難で好まれます。
着ていて違和感のない、自分に似合う水着を探しましょう。

タグ

2013年1月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

このページの先頭へ