男性が読みやすいメールの作り方

みなさん、男性にメールを打つ時にどの様な文章を打っていますか。
男性と女性ではメールを読んだ時の感じ方も違うので、いつも女友達に送るのと同じような調子でメールを打つのはよくありません。

 

ここは一つ、男性が読みやすいメールがどんな物かを知って、他の女性との差をつけましょう。

 

まず、気をつけたいのは文章の長さです。

できるだけ無駄な文章を省き、下にスクロールしなくても読める位の適度な長さにしましょう。

多くの男性は長文を読むのが「苦手。というか、面倒。」と感じてしまうようです。

そこに女性同士で送るような長文メールを送るのは論外といえるでしょう。

またそこまで長くなくとも、明らかに必要のないメールはやはり不快に思われる場合があります。
かといって用件だけを送ると「短すぎて、男みたいなメールだ。」となってしまう事もあるので困りものです。
用件は伝えつつも、読む側に負担にならない文章長さで送るようにしてください。

その日あった事を伝える場合には何通かに分けて、相手の反応も貰いながらメールのやり取りを重ねるといいでしょう。
ただし、朝から何通も送るのは「しつこい」と思われるので、やめておきましょう。

 

次に文章に使う文字、絵文字、顔文字、デコレーションについてです。
まず文字は、普通に変換して出てくるものを使いましょう。

一時期「ギャル文字」という物が流行りましたが、あれは男性から見ると「読みにくい、または読む気にならない文字」なのだそうです。使用は避けましょう。
同じように一部だけで使われる用語のような言葉や略称も使わない方が無難です。
絵文字については適度に使った方が読みやすく、印象も良くなるでしょう。

その中でも特に効果的なのは「ハート」の絵文字です。

女性同士ではよく使う絵文字ですが、男性が受けっとた場合「好きですよ」という意思表示に受け取られるので好印象です。
ですがこれは逆に言うと、別にどうでもいい人送るとその人にまで「好きです」という事にもなりかねません。

なので、気になる男性以外への使用は避けた方がいいです。
顔文字は自分の感情を伝える面で有効です。

メールに一つ、アクセントとして加えるだけでも文章全体の印象が変わります。

特に笑った感じのもを多く使うのがいいでしょう。

女性らしい明るく、優しい感じのメールにすると高感度アップにつながります。
デコレーションに関しては、あまり凝った物は送らない方がいいでしょう。
女性と違って男性は「情報と読みやすさ」をメールに求めているので、あまり必要ないとも言えるかと思います。

デコレーションする時は画像を添付したり、少しラインを入れたりするくらいにとどめておきましょう。
女子力たっぷりのデコレーションを駆使したメールを送るのは、女性同士だけにしておくのが無難です。

 

最後に全体的な流れとして、男性が楽しいと思うメールを送るように心掛けましょう。
仕事をして疲れた気持ちを持っているのは相手も同じです。

そこに「疲れた〜」と追い打ちをかけたり、無用な質問をしては相手も余計に疲れが増してしまいます。
日ごろの愚痴はグッと我慢して、気分が明るくなるような話題や最近ハマっている事などネガティブ思考が入り込まない話題を選びましょう。
何か聞きたい事がある時は、質問でメールを終わらせない様にするのもコツです。

例えば質問した後に「教えてほしいな」といった感じの文章を少し添えてみたり、思い切って「?」を使わずに打つのも手です。
これならもし返信が返せなかったとしても相手が変に気負わずに済みますし、後でもう一度質問する時も気まずい思いをする必要がなくなります。

ここに書いたのは男性へメールを打つ時の基本的なポイントです。
さらっと読んだだけでも女友達とのやりとりとの違いがはっきり出ていると思います。

 

男性が「メールが来た」と楽しみにできるようなメールを打って、あなたも相手とのコミュニケーションを楽しみましょう。

 

もし、上手くメールを作れないという人は専門家にアドバイスを貰っても良いかもしれません。

恋愛カウンセラー等よりは占い師に聞くと親身に相談に乗ってくれ、適切なアドバイスを貰うことが出来るでしょう。
電話占いの口コミというサイトを見ましたが、初回無料で10分間占ってくれるサービスもあるようです。

是非、試してみて下さいね。

 

タグ

2013年4月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:恋愛

このページの先頭へ